前へ
次へ

行政書士試験の合格率

行政書士になるためには国家試験に合格する必要があります。一度合格することができれば資格は永遠に継続され、お役所への申請書類の作成や提出の代行業務を行うことができるようになります。在宅でも業務を行えるので人気の資格です。しかし、その合格率は非常に低く、ここのところ10年の数字を見てみても10%に届いておらず、低い年は2%台だったこともあります。受験資格に制限がなく、誰でも受けられる試験ということで、合格率が低くなっている側面はありますが、試験科目の内容の難しさもその一因です。とくに他の資格試験に多く採用されている択一式問題のみならず、記述式の問題も含まれていることが難易度を高くしています。しかし、100点を取らなければ合格しない試験ではなく、また合格人数に制限等もありませんので、数字に恐れることなく、合格を目指して勉強に励みましょう。

top用置換

top用置換2
Page Top